Sunday, 28 November 2010

トロヴァトーレとローエングリンが来シーズン新国立劇場に

新国立劇場が来シーズンの新制作の2演目を発表しました。2011年10月にシーズンオープニングとして「イル・トロヴァトーレ」と2012年6月の「ローエングリン」です。

劇場によると、「イル・トロヴァトーレ」は10月2、5、8、11、14、17日に上演されます。ヴァルテル・フラッカーロがマンリーコを歌います。アメリカの新星、タケシャ・メシェ・キザールがレオノーラです。イタリアの若手指揮者ピエトロ・リッツォがタクトを取り、ミュンヘンにあるゲルトナープラッツ州立劇場のインテンダントのウルリッヒ・ペータースが演出します。アズチェーナとルーナ伯爵は発表されていませんが、関係筋によるとアンドレア・ウルブリッヒとゲオルゲ・ガニーゼが歌うようです。

ワーグナーのロマンティックオペラ「ローエングリン」は1997年に新国立劇場の最初のシーズンを飾りました。今回、その作品が舞台に戻ってきます。クラウス・フローリアン・フォークトとリカルダ・メルベートがタイトルロールとエルザを歌います。ペーター・シュナイダーの指揮で、マティアス・フォン・シュテークマンによる新演出です。悪役夫婦、オルトルートとテルラムントは発表待ちです。2012年6月1、4、7、10、13、16日の6回公演が予定されています。

2011/12シーズンの全演目は2011年1月に発表されます。

Friday, 26 November 2010

Trovatore and Lohengrin in NNTT's next season

New National Theatre, Tokyo has announced about two new productions for their next season, which are Il trovatore as the season opener in October 2011 and Lohengrin in June 2012.

According to the theatre, Il trovatore will be performed on 2, 5, 8, 11, 14 and 17 October. Walter Fraccaro sings Manrico. American nova Takesha Meshé Kizart as Leonora. Young Italian conductor Pietro Rizzo takes the baton for stage direction by Ulrich Peters, current intendant of Staatstheater am Gärtnerplatz in Munich. Azucena and Conte di Luna aren't announced but according to some sorces Andrea Ulbrich and George Gagnidze will sing the roles.

Wagner's romantic opera Lohengrin celebrated the theatre's first season in 1997. Now the opera comes back to the stage. Klaus Florian Vogt and Ricarda Merbeth sing the title role and Elsa. Peter Schneider conducts for a new production by Matthias von Stegmann. The evil couple, Ortrud and Telramund, are to be announced. Six performances on 1, 4, 7, 10, 13 and 16 June 2012 are scheduled.

Complete programme of 2011/12 season will be announced in January 2011.